鍵のトラブルに遭った人

鍵穴の中で鍵が折れてしまった!

鍵は丈夫そうに見えて意外と折れるようですが、皆さんは鍵穴の中で鍵が折れた経験はありますか?

ちなみに私はまだ鍵が折れた経験はありません。

もしもの時の為に、鍵が折れた時の対処や予防法について調べましたのでご紹介します。

鍵が折れる原因とは

私的には鍵は丈夫で折れにくいイメージを持っていますが、実際には折れてしまう事はよくある事のようです。

鍵が折れる原因については、鍵の劣化や鍵穴側(シリンダー側)の内部が摩耗などによってカギを噛み合わせが悪くなり、その状態のまま無理に力を加えた事で鍵が折れてしまう事があるそうです。

鍵が折れてしまったら

鍵穴の中で鍵が折れてしまった時、鍵穴から鍵が飛び出していればラジオペンチ等で摘まんで取り出せないか試みましょう。

鍵穴の中で鍵が曲がっていなければ、折れた鍵を問題なく取り除けます。

しかし、折れた鍵が簡単に取り除けない時は、無理をして状態を悪化させる前に鍵屋に頼るのが良いようです。

鍵折れの予防法とは

鍵穴の中で鍵が折れてしまうトラブルの多くが、鍵穴に挿し込んだ後に回しづらい状態にかかわらず無理に回してしまう事で発生するようです。

鍵を回しづらいと感じたり、鍵穴に鍵を挿し込んだ時に違和感を感じた時は、その鍵を使う事をやめて錠前の点検を行いましょう。

鍵自体にもゴミや埃が付着している事がありますので、鍵を綺麗にしましょう。

また、鍵穴は屋外という事もあり、ゴミや埃、砂などがシリンダー内部に蓄積されている可能性があります。

この様な事態にならないように、シリンダー内部のメンテナンスを定期的に行う事で鍵折れを予防する事が出来ます。

定期的に鍵屋へ鍵のメンテナンスを依頼するのも良いですが、費用がかかります。

そこで、鍵の調子が悪いと感じたら潤滑油を注すのが良いようです。

潤滑油は鍵穴専用の物を使用しなければ、潤滑油を注した事で内部にゴミが付着してトラブルの原因になるので注意が必要です。

まとめ

鍵が折れる原因は、鍵の劣化やシリンダー内部のゴミの蓄積によって起きる。

また、鍵穴に挿した時に違和感があるのにも関わらず無理に回す事で鍵折れトラブルが発生する。

予防法として、鍵屋へメンテナンスを依頼もしくは、鍵の不調を感じた時には鍵穴専用の潤滑油で対処しましょう。